一人暮らしの収納、安く楽しくする方法

一人暮らしの収納、快適に暮らすための工夫

一人暮らしに収納の問題は必ず出てきます。ある程度、広いお部屋に住むことができれば、収納にも苦労はしませんが、実際には1Kや1LDKなどという間取りの方が多いのではないでしょうか?限りあるスペースをできるだけ広々と快適に過ごすために、あふれる物を上手に適所に配置をしましょう。たとえモノがたくさんあってもキチンと収納されていると見栄えもよく快適な空間となります。

 

例えば、本棚を置いている場合、本の高さと厚さを揃えるだけで綺麗に片付いているように見えます。びっしり詰め込むのも良いですが、その間に少し間をとり、マスコットや花などを置いてもセンスよいお部屋になります。壁面に緊張と緩和がちょうどできることによって変化がありセンスのよいお部屋となります。見せる収納という位置づけでしょうか・・・しかしそういったことが苦手な方はひとつだけでも収納に優れたツーウェイ家具を配置することです。ツーウェイとは2通りの役目をこなす家具のことです。ソファーベッド、収納付きベッド、収納付きソファーなどがそれにあたります。こういった家具は一人暮らしにはとても相性がよく、そして同時に収納までできるのでおすすめです。極端に言えばその収納に季節外れの衣類や寝具、趣味の用品など詰め込んでしまっても良いのです。整理整頓が苦手な人ほどこういった家具が重宝します。家具が置くスペースすらないという方にはスーツケースを家具に見立ててつかう方法もあります。たとえばそのまんま季節はずれのものを入れてクローゼットに入れておくのも良いですし、見せる収納として綺麗なプリント生地などをスーツケースに敷いた上に小物を配置するなど本来なら邪魔になってしまうものを逆に利用するという方法もあります。
狭い空間でも、使い方次第で自分らしい表現やセンスあるお部屋にできますので楽しんでください。もし、収納家具が必要なら、一人暮らしの通販家具屋さんが安くて便利です。